神社挙式や和婚の人気が再燃

###Site Name###

神社での挙式が行われるようになったのは、明治の後半で戦後になって一気に一般化が進みました。


しかし、昭和50年代からはチャペルで行われるキリスト教式に人気が集まるようになり、神前式は古くさい、友人が参列できないなど敬遠され、その人気は年々低迷していったのです。



そのような中で、一石を投じたのが芸能人の結婚です。
一般的になったチャペルでの挙式を嫌い、厳かな雰囲気の中神社での本格的なセレモニーをおこなう芸能人が増え、それがメディアなどでも取り上げられることが多くなってきました。
それを見た一般人も和装の美しさや神前式の魅力が伝わり、じわじわと人気が再燃してきています。

また、再燃した理由として考えられるのが、結婚年齢の上昇や新郎新婦の意識の変化があげられます。


年齢層の高いカップルはいまさらドレスをきてチャペル挙式という雰囲気ではないと考えたり、日本のよさを感じられる落ち着いた挙式がしたいという人も多いものです。
また、みんなとは違う形で式を挙げたいという声なども上がり意識の変化が神前人気を後押ししたのです。

また、このような新郎新婦側の要求に神社や会場も敏感に反応し、有名神社は元より普通の神社でも神前式を受け付けるところが増えてきています。



中には結婚前の段階からお世話する神社も増えており、イベントなどを開いて出会いの場を設けて縁結びの役割を果たしているところなどもあります。

そして、各神社では神前式の魅力をさらに増し、挙式がスムーズにおこなえるような取り組みも行っています。