自毛植毛のデメリットを知っておきましょう。

副作用の心配がない上に仕上がりが自然で確実な効果が得られることで人気のある自毛植毛はデメリットとされる点もあります。

そのため、施術前には必ず注意しなければならない点にも着目するようにしましょう。



はじめに本数が限定されてしまうという事が言えます。

自毛植毛は側頭部をはじめ後頭部などから皮膚を採取し薄毛が気になる部分に移植していきます。
そのため必然的に施術することができる本数は限定されてしまいます。

髪を生やす部分を移動させているだけという見方もできるため、頭部全体の毛髪量には変化がありません。

そのため、どの部位から採取するかということは念入りに計画する必要があります。


こうした自毛植毛の特性により頭部全体が薄毛になっている場合は皮膚を移動させることができないケースもあります。次に、繰り返し施術を行わなければならないという事です。

一度の施術時に密度を高く植毛すると生着率が低下します。

愛知でできる植毛に関するお役立ち情報をご紹介しています。

一度の施術で増加させることができる密度には限度があるので必要になる植毛を全て行う際は複数回に分けて行わなければならないのです。

そして、費用が高いという点も予め理解しておきましょう。

この手術は保険が適用されない自費診療となります。


そのため要する費用というのは決して安価であるとは言えないものです。

頭頂部に千株植える場合はおよそ70万円必要ですし、前頭部から頭頂部にかけて二千株植えるのであればおよそ120万円も必要になってしまうのです。

自毛植毛と人工毛植毛では質に違いはありますか? - Yahoo!知恵袋