ウェディングでの誓いの言葉について

最近のウェディングには、人前式という挙式が一般的になってきました。
神様に結婚の誓いをするのではなく、来ていただいたゲストの方に結婚を承認してもらうというものです。


神前式やキリスト教式よりも自由にアレンジをすることができ、ゲストも一緒に参加する結婚式を挙げることができます。

ウェディングドレスでも、和装でも行えるのもポイントです。



一方で、何をしたらいいのかわからないという方も多くいます。

特に誓いの言葉については、どのようなものがいいのか悩む方が多いです。



誓いの言葉については、まず、自分たちがどんな夫婦になりたいのかを考えてみましょう。


どんな夫婦になりたいのかを考え、それを誓いの言葉とするのもいいでしょう。



理想の夫婦像だけでなく、どんな家族になりたいか、どんな人生にしたいかといったことをいれることも可能です。
また、記念日にはおいしいものを食べに行く、毎年家族で仲良く旅行に行く、といったちょっと笑いがあるようなものを入れると、結婚式が和やかなものとなります。

誓いの言葉の最後には、本日のウェディングを忘れずに頑張っていきます、というような一言を入れるといいでしょう。


このような文章があると、来ていただいた方への誓いであることがよりわかりやすくなりますし、自分たちでも、その誓いを心に刻むことができます。せっかくのウェディングですので、その時だけの言葉にせず、これから一生守っていくような誓いの言葉を考えてみてはいかがでしょうか。